迷たんけんコナン2020

10月25日(日)、今年も「迷たんけんコナン」が浅柄野野営場にて開催されました!
「迷たんけんコナン」では湖南地区(草津・栗東・守山)のビーバースカウトやカブスカウトが集まって、さまざまなブースで体験や交流をします。
ボーイ隊は参加スカウトたちにやり方を教えたり、安全を確保するなどして、活動のサポートをしてくれました。

クライミングボード体験は、簡単そうに見えて意外と難しく、みんな次にどこに足を動かしたら良いかを模索しながら、進んでいました。
短いコースですが、結構体力使います(^_^;)

木わたりは大人の身長以上の高さに掛けられた木を渡っていきます。
地面が近い場所での練習ではスイスイいけますが、やっぱり高いとそう簡単にはいきません。
怖がってゆっくりしかいけない子もいましたが、渡り切った後はどの子も達成感でいい笑顔をしていました。
普段できない体験なので、すごく楽しそうでした。

蜘蛛の巣のように無数に張り巡らされた紐の間をくぐって進んでいくブースもあります。
紐に幾つかの鈴がつけられているので、紐に触って鈴が鳴らないように進んでいきます。
忍者やスパイの気分ですね。

実際に救命に役立つロープ投げも体験できます。
「引き解け結び」や「八の字結び」をボーイ隊のお兄さんお姉さんに教えてもらって、ロープの扱い方を学びます。
自分の思った方向にロープを投げるって難しいんですよね。

その他にも「木のメダル作り」や「パラバルーン」「スリッパ飛ばし」「暗号追跡」などの様々なブースがあり、スカウトたちは1日中楽しく遊んでいました。
他の団とも交流し、名刺交換したりと、いつもとはちょっと違う活動ができてよかったね。

今回の活動ではボーイ隊のスカウト達が、カブやビーバーの面倒を見たり、指導をしたりして大活躍でした。
実は私の息子もボーイ隊のスカウトで、一丁前にビーバーやカブのスカウトにブースでのやり方をしっかり説明しておりました。家ではダラダラして全然動かない子なのに、そのギャップにびっくりしたと同時に、涙が出そうになるくらい感動しました。
息子の成長が見られて、本当に良かったと思う1日でした。

前の記事

BGL合同例会