クリスマス会

12月11日、カブ隊は美崎公園にて12月度の隊集会を行いました。
今年最後の活動は、お楽しみがいっぱいのクリスマス会です。

午前中は外での活動です。
まずは、いつもお世話になっている美崎公園の清掃活動です。
みんなでゴミ拾いをしました。
その後、「カブコール」と「やくそくとさだめ」の唱和を行って、活動の準備に入ります。
力を合わせて、ふらふらしながらも一輪車を押して荷物を運びます。

まずは、火起こし訓練です。
9月に入隊した子たちにとっては、初めての本格的な野外活動です。
しっかりと説明を聞いて、先輩たちのお手本を見ながら薪割りをしていきます。
「この木堅いなあ」「もっと細くしないとあかんで」なんて声が聞こえてきます。
火が付きやすいくらいに細くなったら、井の字の形に組んでマッチで火をつけていきます。
なかなか火が付かず苦戦していましたが、なんとか全員火をつけることができました。
ナタで薪を割ったり、マッチで火をつけたりすることは危険を伴うことですが、リーダーの指導や見守りの元、安全に行うためにはどうすればよいか自分で考える良い機会でもあります。

今日のお昼は、鍋焼きうどんです。
各組で準備したオリジナルの具材を入れて作ります。
簡単メニューながら、おいしくて、温まって最高!
今日はクリスマス会なのでケーキもありますよ。
ケーキのトッピングも各組で相談して用意してきたものなので、本当にもりだくさん!
おいしそうですね。
感染対策として自分の分は自分で作って食べたのですが、やっぱりみんなで一緒に食べるのは楽しいですね。

午後は、研修室に入ってクリスマス会です。
クリスマスソングを歌ったり、クリスマスに関するお話を聞いたりしました。
その後の各組のスタンツ(出し物)発表は大盛り上がり!
保護者のみなさんにも見ていただいて、大きな拍手をいただきました。
最後にお楽しみのプレゼント交換です。
カブ隊に恒例のサンタが来てくれましたよ。
プレゼントはみんなが持ち寄ったものですが…。

今年最後の隊集会も楽しく終えることができました。
新しい年もみんなで楽しく活動していきましょう!よろしくお願いします。

前の記事

フィールドアスレチック